あなたの探しものは何ですか?
私が日記を書く理由

401. 私が日記を書く理由

南の空の低い位置に、青みがかった光を放ちながら瞬く星が見えた。今はもう、やってきた雲の下にその輝きが薄れている。闇というほどには深くなく、一日は今日も始まろうとしている。

昨晩の日記で、日記の執筆を始めたときからつけている通し番号が400になった。始めの日記を執筆したのが今年の3月12日となっているから、それからちょうど8ヶ月が経とうとしている。通し番号が200番になったときにも書いた「私が日記を書く理由」を言葉にしてみたい。200番の日記をあえて読み返さず、今この瞬間の感覚に向き合ってみる。その結果それは200番のものと変わっているかもしれないし、変わっていないかもしれない。

今の私にとって日記を書くということは、まだ言葉になっていないものたちを言葉にしていくという意味を持っている。それは、今日見た景色であったり、今日感じたことであったり。

生け花や煎茶道の稽古をしていると、その静寂の中でたくさんの気づきがある。枝を切り落とす行為から大切なことを思い出したり、跳ねたお湯から、自分の心の状態を知ったりする。師がいれば、稽古のときに交わす言葉は人間にとって大切な言葉を教えてくれるものとなる。それはきっと、師もまたその師から、その師もさらにその師から学んできたことを贈ってくれているからだろう。「道」の稽古とは基本的に自分自身と向き合って行うものだが、そこに生まれてきた言葉や感覚に、さらに少しの光を当ててくれる師の存在というのが、道を深めることを後押ししてくれるのだと思う。

日記を書くという行為は、花を生けたり、お茶を淹れる行為にも似ていると思う。自分なりの作法の中で降りてくるものを待ち、感覚を感じ、それを言葉にしていく。そこに光を当ててくれる師はいないが宇宙が過ごしてきた長い時間の中で見出された大切な法則のようなものを天と地から教えてもらえることがある。日記を書く主体としての私と、日記を読みそこに降りてきたものを添える私が存在し、後者は限りなく無意識や空間に溶け込んだ存在に近い。

言葉になることを待っている小さな光が、人の心の中にも宇宙にもたくさん浮かんでいる。そう思うと、私がこの小さな書斎で置いていく言葉は、誰かの心の中に浮かんでいたものなのかもしれない。たくさんではないが、日々、様々な人と言葉と心を交わし、話さなくても人と人の間を通り抜けるものがあるとすると、私が置く言葉というのはもはや誰から出てきたのか分からない。そこには確かに新しい一日をこれから迎えようとする、もしくは一日を終えようとする私がいるのだけど、そこに他者との明確な境界はない。誰かの想いや、関わり合い、社会の中で「わたし」という存在が生まれているのだ。

この感覚は、これからも持ち続けていたい感覚だ。「わたし」が、この肉体的な「わたしというものの中にある意識のようなもの」だと、感覚がすっかり閉じてしまったとき、「わたし」へのこだわりが、感覚を覆い尽くしてしまうかもしれない。

他者や世界との境界線を曖昧なものにしておくため

それが今私が日記を書く理由だ。自分の眼で見て、自分の耳で聴いて、自分の身体で感じたと思っていることを強烈に表現しながらも同時に疑い、感覚を身体を取り巻く空間にまで拡張させるとともに、日記を公開することで、他者に対してもその感覚を解放する。それは、今日という一日を通じて、宙から降ってきたメッセージを届けることなのかもしれない。「わたしは何者なのか」という問いを抱えながら、「何者かであること」を手放し続けるのが、日記を書くということなのだと、今この瞬間に感じている。2019.10.9 Wed 5:28 Den Haag

603. 私が日記を書く理由 -観察自己と目撃者-

日記に振っている番号が昨日600を迎えた。
日記を書き始めたのは昨年の3月12日。1日に何度か日記を書くこともあるため、日数以上の日記が積み重なっていることになる。
日記を書き始めたきっかけは友人に勧められたことだった。「自己とより深く向き合うような取り組みをしたい」と話したところ、勧めてくれたのがリフレクションジャーナル(日記)を書くことだった。
1年間日記を続ける中で、何かとても深いことを考えることもあれば、日常の中で感じる小さな気づきや感覚を書き留めるだけのこともあった。1日にたくさん言葉を綴ることもあれば、1日おきになったり、数日間が空くこともあった。
日記は、ウェブサイトに公開しているが誰かが読むことを想定していたり、誰かに向けて書いているわけではない。
ごくたまに、友人が書いている日記の中で、私の日記を読んだのであろうことが分かる記述があり、そのことは嬉しく感じるのだが、それは「読んでもらえている嬉しさ」というよりも、「宇宙からやってきて私と出会い、そしてまたどこかに旅立っていった小さな光が、どこか離れたところで何かと化学反応を起こして、これまでとは違う輝きを放っていることを見る」ような、そんな喜びと言った方がいいだろう。
ただただ、見たこと、聞いたこと、感じたことを書き散らかしているだけではあるが、結果として何が起こっているかということを1年を期に振り返ってみたい。
リフレクションジャーナルを書くようになって一番良かったことは、1日の中で、心静かに過ごす時間を確実に確保できるようになったことだ。
朝もしくは夜の30分ほどではあるが、ただ、自分と向き合うことにだけ意識を向ける。実際には思考は絶え間なくあちこちを散歩し、時に時空を超えた旅に出てしまうこともあるのだが 、少なくとも、書き終わるときには自分がどんな状態で書いていたのかということを認知することができる。
「随分と昔のことを思い出したなあ」とか、「起こってもいないことに心配してばかりだなあ」とか。

そんな風に自分に起こっていることを客観的に見られるようになったのもリフレクションジャーナルを書くようになって深まったことと言えるだろう。
私はコーチという仕事柄、「自分に起こっていること」を認識することには大きな価値がある。
例えば、自分が「正しい」と思っていることがあるとき、クライアントに向ける質問は無意識にその正しさに向かわせるものになる。

しかしそれではクライアントが自分にとって正しい答えや本当に望むことを見つけることができなくなってしまう。
「自分のために満たそうとしていることはないか」「何かへの恐れからやろうとしていることはないか」そんな風に、自分を客観的に捉える目というのがコーチには常に必要だ。
「自分を客観的に捉える目」というのを「観察自己」と呼ぶ。観察自己を育てることは、感情を適切に表現したり、多様な視点で物事を見つめることにも役に立つ。
コーチに限らず、心地よく日々を送りたい人や、より良いパフォーマンスを発揮したい人、より良い人間関係を築いていきたい人にとって重要なのが、この観察自己の存在だと思っている。
リフレクションジャーナルを書くことを通じて、「観察自己」という視点を得るとともに、さらには「観察自己」がどういう価値観や基準を持っているかも分かるようになってきた。

それはつまり、「観察自己」を観察するさらなる視点があるということだ。それを「目撃者」と呼ぶ。
目撃者によって、様々な観察自己を発見し、それによってそこに共有する美意識に気づくことができる。

「わたし」という存在は、何に喜びを感じ、何に美しさを感じるのか。
これはリフレクションジャーナルの執筆とともに、自分自身のコーチとの対話や対話を通じてさらに深く考えたいと思ったテーマに関する執筆を行なったことによって経験したことだ。
書くことと話すこと。その繰り返しを通じて、意識は深くなり、観察自己と目撃者はその姿を明らかにしてきた。
例えばもし、1年間、日記を書いていなかったら今どうなっていただろう。
特に世界がこんな風に予想もしない状況に動いているとき。

今よりもっと漠然とした不安を感じ、それがどんどんと膨らんでいたかもしれない。自分が不安や恐れから行なっている行動に気づかなかったかもしれない。中庭の木に咲く白い花を見ても、美しいと思えなかったかもしれない。
大げさだが、でもやはり、世界の見え方はずっと違っていただろうと思う。
今ここにあるものは何か、それに対して自分はどんなことを感じているのか、どんな思考が働いているのか。
シンプルなことだが、それを認識し続けることは、自分が「思っている」世界よりもずっと彩り鮮やかな世界がそこにあることを教えてくれる。
そして、人間という存在も、一人一人が全く違って、深くて尊いのだということを教えてくれる。
ちょっとしたことに心が揺れ動くような、自分はちっぽけな存在なのだということを教えてくれる。
ただそこにいる「わたし」を捉え続けていると、何者かになる必要はなくなっていく。
今、私は壮大な試みの中にいて、それはこれからもずっと続いていくだろう。
その試みを書き留めていく。それがリフレクションジャーナルなのだと、今は思っている。2020.3.22 Den Haag

これまでのうすらいたち

うすらいのつづり(20記事ずつをPDFにまとめてあります)

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことの421から440をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり022 421-440 20191023-20191105

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことの400から420をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり021 401-420 20191009

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことの380から400をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり020 381-400 20190928-20191008

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことの361から380をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり019 361-380 20190915-20190928

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことの341から360をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり018 341-360 20190906-20190914

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことの321から340をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり017 321-340 20190830-20190906

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことを301から320をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり016 301-320 20190823-20190829

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことを281から300をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり015 281-300 20190817-201908223

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことを261から280をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり014 261-280 20190806-20190816

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことを241から260をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり013 241-260 20190727-20190806

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことを221から240をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、あなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり012 221-240 20190716-20190726

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございま。うすらいに書き留めたことを201から220をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり011 201-220 20190707-20190715

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを181から200をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり010 181-200 20190629-20190706

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを141から180をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともにあなたの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり009 161-180 20190619-20190627

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを141から160をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり008 141-160 201906011-20190618

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを121から140をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり007 121-140 20190602-20190611

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを101から120をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり006 100-121 20190514-20190602

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを081から100をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり005 081-100 20190502-20190513

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを061から080をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり004 061-080 20190419-20190502

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを041から060をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり003 041-060 20190411-20190419

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを021から040をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり002 021-040 20190323-20190411

いつもゆらゆらと漂い揺れる思考と言葉の旅にご一緒してくださりありがとうございます。うすらいに書き留めたことを001から020をまとめてPDFにいたしました。世界のどこかに生まれては消えるうすらいとともに、みなさんの中に生まれるうすらいやあわいを楽しんでいただければうれしいです。
つづり001 : 001-020 20190312-20190322