しおり

「あわい」に関係する本や読むたびに違う発見があり、何度も読み返したい本や記事をストックしています。

今読んでいる本・読み直している本

だいすきな谷川俊太郎さんが、いろいろな質問に答えている本。
毎日パラパラと色々なページをめくっています。
amazonはこちら

ナラティブや現象学からたどり着いた本。
amazonはこちら

静けさこそ私たちの心に今必要なもの
Thich Nhat Hanh著 amazonはこちら

言葉と情感の世界に出会う amazonはこちら

書籍
私の原点

NYの書店からうちにやってきたこの小さな本が、「あわい」をめぐる私の旅のはじまりでした。Thich Nhat Hanh著 amazonはこちら

「あわい」という言葉の持つ世界観や深みを知るきっかけになった一冊。安田登著 amazonはこちら 

スキルやテクニックではない大切なものに立ち還る一冊 伊藤守著 amazonはこちら

深淵な人間の世界を感じる、大切なものに立ち還る

ヨーロッパまで大事にかかえてきた本たちもいます。

吉本隆明著

「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるとうな夕日を一人で見ていたとするだろう。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうに伝えるかって?」

「その人はこう行ったんだ。自分が変わってゆくことだって…その夕日を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」
星野道夫著

修業とは何か、無敵とは何か、どれも発達理論で言う第五段階(相互発達段階)につながる 内田樹著 amazonはこちら

内田樹著 amazon[kindle]はこちら

谷川俊太郎著 amazonはこちら

「私」という存在が大きな流れの中にいるということを感じ、あれこれと思いが巡る一冊 福岡伸一著 amazonはこちら

やさしいことばと心のありかに出会う 升野俊明著 amazonはこちら

言葉を通して色々な人の持つ世界観に触れる 眺めるだけで心洗われていく一冊 amazonはこちら

内田樹著 amazonはこちら

内田樹・安田登著 amazonはこちら

これから読みたい本(備忘録)

河合隼雄さんと谷川俊太郎さんの対談
今世界にもっと必要なのはなのではないかと感じています。
Kindle版はこちら

岡崎 乾二郎著
【目次】 
第I部 抽象の力 本論 
第II部 抽象の力 補論 
第III部 メタボリズム-自然弁証法
第IV部 批評を招喚する
amazon

記事

ドミニク・チェンさんが語る、「共話」のこと
https://kangaeruhito.jp/article/5338

こちらの記事も読み入ってしまいました。
「学びの円環」
https://kangaeruhito.jp/article/5337

最近言葉に思うこと。最果タヒさんが表現していることに共感します。https://www.cinra.net/interview/201903-saihatetahi

【連載】 “なぜ大人は若者から学べないのか?(オトマナ)プロジェクト” 
第4回 加藤洋平氏×中竹竜二氏・桑原正義
https://www.recruit-ms.co.jp/issue/column/0000000653/

濱口 秀司 氏イノベーションが生まれる都市・オフィス空間の設計
第1回 イノベーションを生み出すための条件
http://www.mec.co.jp/tokiwabashi/tir/hamaguchi/article1/

from awai
inner.001
うつわとなかみ

Coaching for Inner Innovation
あいまいなものと向き合い続ける方に

voice.001
こえとことば

Voice Reconnection
心を繋ぎたい方に

dialogue.001
あたらしい対話のかたち

the art of dialogue
あなたの生きるものがたりを詠む

company.001
ことばとかたち

Essential Design
想いを届けたい方に