オランダでの3年間の教育武者修行を終えた平山直樹(ひらやまなおき)さんにお話を伺いました。

オランダ社会のこと、教育のこと、平山さんのこれからのことを6回に分けてお届けします。

話し手
平山 直樹 / Naoki Hirayama

イエナプランの実践者(イエナプラン教育専門資格 蘭:2019)
日本の中学校で10年間社会科教員を務めた後、教育武者修行のため2016年オランダへ
新婚旅行で6ヶ月のアパラチアントレイルハイクをする根っからの冒険好き
2020年4月より、大阪市にある教育改革中の私立中高に勤務予定

 

聞き手
 佐藤 草 / Sou Satoh

認知科学やインテグラル理論を基にした意識の変容支援の実務家 オランダハーグ在住

06

イエナプランを一緒に探究して、もっともっと学びを好きになりたい​

オランダでの3年間の教育武者修行を終えた平山さん。今はどんなことを感じていて、これからどんなことに取り組んでいくのでしょうか。

長い道のり…でもそのプロセスを楽しんでいこう

ーオランダでの体験を経た平山さんには、今の日本の社会や教育はどのように見えていますか?
これからの時代に合った教育を作るためには長い道のりがあるなと感じています。でも、日本の教育界にはその長い道のりを歩き切る力があると思っています。日本の先生たちの教育に対する姿勢というか使命感というか、これは間違いなく世界トップクラスです。問題は、その先生たちを取り巻くシステムや当たり前が時代に合っていないだけなんです。もちろん、そのシステムを変えていくのは難しい。でも、「教員のモチベーションを高める」という世界的に見ると難しいポイントを日本はすでにクリアしてる。がんばる先生たちがいるっていう絶対的アドバンテージがすでにあるんです。だから、僕は日本の教育に対して前向きになれるし、日本の先生たちと教育変革のプロセスを楽しんでいこうという気持ちになれるんです。

イエナプラン研修の参加者たち 日本にも、想いを持ってがんばる先生たちがいる

ーこれからの時代に合った教育システムを日本で作っていくために一番の障害になっているものは何だと思いますか?
慣習かな。いつのまにかそれが当たり前だって思っている人の意識なのかなって僕は思います。これは医療などにも通じると思うんですけど、教育や医療など、みんなすごく大事だと思っていることって気軽にチャレンジができないんですよね。これまですごく一生懸命に長い時間をかけて積み上げてきたっていう思いというか歴史みたいなのがいっぱい詰まっているから。でも、やっぱりホントに大事なところでこそチャレンジしないといけない。ここは冒険好きの平山直樹の出番なのかなと笑

制度的にはすでに新しい輪郭を作られているところもあって、できることがたくさんあるんですよ。でも「これが当たり前だよね」「こんな授業がいいよね」って、慣習的に思っていることが一番のハードルかなと思います。

訴えることまで楽しんでいたオランダの教師のストライキ 平山さんの「当たり前」も更新された

オランダから直送!生々しいイエナプラン教育を届けたい

ー平山さんはこれからどんなことに取り組んでいきたいですか?
オランダの教育の中で僕がフォーカスして学んだイエナプラン教育はいろんな人がこれからの時代に合った教育のひとつだと仰っています。僕もそうだと思うけれど、もちろんこれが唯一の答えではないとも思っています。僕はこのイエナプランに関しては他の人よりは多少知っていて、今、オランダから帰りたてで生々しいイエナプランの雰囲気みたいなものが僕の中でうごめいているから、「空輸でダイレクトで持ってきましたよ」みたいな感じで届けられるといいなと思っています。

次の4月から学校で働くんだけども、それまでの間に他の人と一緒に協働しながら、それを伝えていきたいなというのが僕の思いとして強くて。そこには僕の「頑張らなくちゃならない」とか使命感みたいなものは少なくて、やりたいと自然に思うものなんです。一方的に「伝える」ということだけでじゃなくて、「一緒に考える」ってことをやっていけたらいいなと。

身体の中でうごめいているイエナプランを届け、一緒に考えていきたい

社会科を教えない!?それってすっごい社会科だな!

4月から働く予定の学校で、すごく面白いポジションを用意してくださったんです。僕は中学校と高校の社会科の免許しか持っていないんですけど、「平山さん、4月から社会科の授業は1週間で0コマです」って言われたんです。「社会科の教員が社会科の授業を1つも持たないってどういうことですか?」と聞いたら、「平山さんには探究科の担当になってもらおうと考えています」と言われて。探究科って、中高生が自分の興味があること、好きなことを中心にして学んでいく。他にも、SDGsに関するプロジェクトなどを立てて、それを実行しながら学んでいくというスタイルなんです。

こういう探究やプロジェクト学習はこれからの学びの中核になっていくと言われてて、島根県の高校生はダンゴムシを11年間研究してフンの中に希少な防カビ成分が含まれていることを発見したり、東京の工学院中高ではインドネシアの社会起業家と協働して村のゴミ問題解決プロジェクトを成功させたりしています。そういう学びを僕が担当できるのは、願ってもないチャンスです。

子どもたちは本当にいろんなことに興味関心を持つ。だから、この世の中や社会全体を探究の場として、それぞれが自分の好奇心を元に色々なことを学んでいくことを一緒に協働しながら伴走できる。これ、「僕が社会科の教員として社会科の授業を持つよりさらに社会科だな!」ってすごくワクワクしました。

子どもたちは色々なことに興味を持つのだから、社会全体を探究の場に!

「うっとおしいくらい学ぶこと好きだよな」って思われるくらい

もっと学ぶことが好きになりたい

ー3年後くらいにどんなことが起こっていたらいいなと思いますか?
今よりもっと学ぶことを好きになっていたいと思ってます。このインタビュー記事を読まれたら方は、すぐ分かると思うんですけど、僕はかなり暑苦しい教師なんです。昔の生徒にはよく「あつくるし〜〜」って言われてました。だから、4月からは学び好きキャラへ変身しようと思ってます。「こいつ、ほんと、うっとおしいくらい学ぶこと好きだよな」って生徒に言われたい笑。

ー平山さんにとって「学ぶ」とはどういうことなのでしょうか?
学ぶって何だろうな。何かを知って自分が変わるってことだと思うんです。自分の感覚をそのまま表現すると、学んでるときは世界に没入して世界を思う存分楽しんでる感じです。

まあ、それだけじゃなくて、世界を新たに知ることで成長を感じながらも、世界の大きさを改めて感じるみたいなとこもありますね。学びの喜びは成長の喜びでもあるんだけど、同時にこの世界のポテンシャルを改めて感じているような感覚。

ここまで話したことを答えにして、これまでの僕は満足していたと思うんですけど、今の僕にはなんかしっくりこない。もっとあるだろって思う笑 何なんでしょうね、学ぶって。学ぶというのは自分にとっては一番楽しいことで、生きてる感を強く感じることであることは間違いない。学びとは何なのか、自分なりにまた考えておきますね。

成長の喜びと世界の大きさを感じながら、平山さんはこれからも「学び」を続けていく

6回に渡ってお届けしてきた平山直樹さんのインタビューを最後までお読みいただきありがとうございました。オランダ人の「まなざし」や「育むもの」「楽しむ力」、オランダの哲学、そして平山さんのこれからのこと、色々なお話が出てきましたがいかがでしたか?

「遠い、違う国の話」ではなく、あなた自身の中にある想いや言葉に気づくきっかけになっていれば嬉しいです。よかったらインタビューを読んでのご感想などお聞かせください。平山さんへのメッセージも大歓迎です。

ご感想やメッセージ

1. 特に印象に残った記事はどれでしたか?(複数回答可)
1日目:「学びたい!」日本を飛び出してオランダへ2日目:オランダで学んだこと① オランダ人の「楽しむ力」3日目:オランダで学んだこと② オランダ人の「育むもの」4日目:オランダで学んだこと③ オランダ人の「楽しむ力」5日目:コーヒーブレイク オランダの哲学 ー目的合理主義ー6日目:イエナプランを一緒に探究して、もっともっと学びを好きになりたい

2. ご感想やメッセージ(感じていること、考えていること、どんなことでも構いません)

3. 2でご記入いただいた内容を平山さんにもお伝えしてよろしいですか?
はいいいえ

4. 今後もオランダに関連する方のインタビューや記事をお届けできればと思っています。よろしければどんな分野にご関心があるか教えてください。(複数回答可)

教育医療文化慣習社会制度テクノロジーライフスタイル

5. その他、ご関心があることがあれば教えてください。(オランダに関係なくても構いません)

6. DEEP INTEGRATION では、「持っている力を発揮する」をテーマに、自分自身への挑戦を続ける方を後押しする情報や最新記事のご案内をお届けするメールマガジンを約2週間に1回発行しております。メールマガジンの受け取りをご希望される方はお名前とメールアドレスをご入力ください。
お名前
メールアドレス

 確認ページはありません。内容をご確認の上チェックを入れて送信ください。

平山直樹さんの今後の活動予定

2月8日(土)13:00-16:30 @熊本県菊池郡 大津町オークスプラザ

講演会&ワークショップ 「イエナプランに学ぶ ーこれからの教育のゆくえー」
詳細・お申し込みは
こちら

2月24日(月)12:30-15:00 @熊本県八代市 八代ハーモニーホール
講演会&ワークショップ 「踊るイエナプラン(仮題)」

さらに1月下旬から3月上旬の期間で大阪府or京都府・金沢にてイベント実施予定

講演のご依頼・ご相談も受け付けております。
facebook メッセンジャーもしくはメールにてご連絡ください。