オランダでの3年間の教育武者修行を終えた平山直樹(ひらやまなおき)さんにお話を伺いました。

オランダ社会のこと、教育のこと、平山さんのこれからのことを6回に分けてお届けします。

話し手
平山 直樹 / Naoki Hirayama

イエナプランの実践者(イエナプラン教育専門資格 蘭:2019)
日本の中学校で10年間社会科教員を務めた後、教育武者修行のため2016年オランダへ
新婚旅行で6ヶ月のアパラチアントレイルハイクをする根っからの冒険好き
「2020年4月より、大阪市にある教育改革中の私立中高に勤務予定

 

聞き手
 佐藤 草 / Sou Satoh

認知科学やインテグラル理論を基にした意識の変容支援の実務家 オランダハーグ在住

02

オランダで学んだこと① オランダ人の「まなざし」

「私がやる!」スーパーのレジで駄々をこねた子どもに向けられたのは…

ー実際にオランダに行ってみて、どんなことを感じましたか?
学校の中で大事にされていること」と「社会の中で大事にされていること」が一緒だ!って思いました。学校でも社会でも人権がホントに大事にされてるんです。僕が驚いたのは、街角にある落書きや無造作に貼られたステッカーまで人権に対するメッセージ性がある。これって簡単なことじゃないですよね。こういうディティールが生まれるということは、社会の中に大きな根幹があるということだと思います。

他にも、「オランダの子どもは幸福度が世界一」というデータをユニセフの研究所が出してるんですけど、オランダの学校や家庭で子どもが大事にされていることはもちろんなんですけど、図書館などの建築物を見ても、スーパーのキャンペーンを見ても、子どもが大事にされている。「こんなところまで!」って、よく妻と二人で唸ってました笑

街中に書かれた落書き 無造作に書かれたものにも社会の持つ空気が現れている

あるとき娘と一緒に近所のスーパーに行ったんです。アムステルダムの中心部なので、オランダで最も忙しいであろうスーパーで、夕方だったのでレジの前には長蛇の列ができていて、僕と娘も山盛りのショッピングカートと一緒に並んでたんです。自分たちの番になったときに、娘が突然、「カゴに入ってる物は、全部、私がレジの上に置く!」と言い出して、「お父さんは一切触らないで!」と駄々をこねだしたんです。一緒にやろうとすると娘は本気で怒るから、「分かった。お父さんは一切手伝わないからあなたは一人で全速力でやりなさい」って言って、僕は一切やらなかったんですね。

オランダのスーパーのレジ 買い物客が自分で商品を台に並べそれを店員がスキャンする

後ろに並ぶ大勢の人たちのことを気にはしながらも、父親として、そういう判断をしたんですけども、そうしたら、レジの人も周りの人たちもみんなニコニコして、あたたかい眼差しでその状況を見守ってくれるんです。10組以上待ってるのに!それで、やり終えた瞬間にみんなは拍手してくれるし、後ろに並んでいたおじさんは「その姿勢いいね!」って僕にウィンクをしてくれて。そういう場面に日常的に遭遇するんですよね。子どもを大事にするという意識が、家庭や学校だけではなく、社会全体で共有できている。学校の教育にも、社会システムにも、図書館にも、人々の言動まで、すごく一貫性があったんです。これは学校教育というよりも社会全体の教育力の高さと言えるものですね。これはオランダの教育の最大の強みだと思うし、僕が住んでいたからこそ見えた部分だとも思っています。

子どもを大事にするという意識が空間のつくりにも人々のふるまいにも現れている

「オランダの人たちはすごく子どもを見ている」保育士だった母親の気づき

僕の母親は保育士だったので、子どもがどんな風にそこで扱われているかを自然と見てしまうんですけど、オランダに来たときに「オランダ人たちはすごく子どもを見る」「物理的に見ている時間がすごい長いよこの人たちは」ということを彼女の気づきとして言ってくれて。それは子どもに対する意識とか関心とか、そういうものが「見る」という行動として表れているんだろうなということを感じました。

ー「子どもをしっかり見る」ということの先にどんなことがあるのでしょうか?
見るっていうのは、繋がっていくことのスタートなんですよね。コミュニケーションは挨拶からスタートしますよと言うことってあるんですけど、それは見ることの次だよねと思います。まず見ること。それが全てのコミュニケーションの始まりだし、やっぱり子どもを気にしているというか、存在を認めてるという言い方もできるかもしれません。もっと広げていうと社会全体で子どもを「育てる存在」や「守る存在」として見るだけでなくて、「ひとりの人間」として子どもを見ていきますよと、そういう意味合いとしてもとれるかなと。だから見るということからオランダ人の教育的な姿勢が始まっていると感じています。

娘の千里ちゃん(せんり)ちゃんを写した写真からも、周囲からの「まなざし」が伝わってくる

写真は全て平山さんが撮影

「ひとりの人間」として子どもを見守るオランダの人々は、さらに「大事なことを大事にする人たちだ」と平山さんは言います。どうしたら「大事なことを大事にできる」ようになるのでしょうか?それは赤ちゃんのときから始まっていました。続きはこちら

平山直樹さんの今後の活動予定

2月8日(土)13:00-16:30 @熊本県菊池郡 大津町オークスプラザ

講演会&ワークショップ 「イエナプランに学ぶ ーこれからの教育のゆくえー」
詳細・お申し込みは
こちら

2月24日(月)12:30-15:00 @熊本県八代市 八代ハーモニーホール
講演会&ワークショップ 「踊るイエナプラン(仮題)」

さらに1月下旬から3月上旬の期間で大阪府or京都府・金沢にてイベント実施予定

講演のご依頼・ご相談も受け付けております。
facebook メッセンジャーもしくはメールにてご連絡ください。