これまでメールでお送りしてきたメールマガジンを今回からnoteでも公開することにしました。

約2週間に1回、誰に宛てるでもないお手紙のように気まぐれな内容ですが、これからもそのときそのとき、私の中にあるフレッシュでホットなテーマをお届けできればと思います。

見えない月を見上げながら


10月17日、今日は新月。
新月の日はいつも「見えないものの大切さ」を思い出します。

今あなたの周りにある「見えないけれど大切なもの」は何ですか?
今あなたの中にある「見えないけれど変化しているもの」は何ですか?

深くオールを差し込んで

昨日は日本にいる仲間たちとのミーティングに参加しました。

離れている仲間たちが集まってのオンラインでのミーティングは約週に1回。
でもそこで話されるのは1週間の進捗や To Do ではありません。

お互いが今、どんな景色を見ているのか、どんなことを感じているのか。

お互いの言葉を聞いて、浮かんできたことを言葉にしていきます。


そんな時間を過ごした後、「船を漕ぐオールを深く海の中に差し込む」というイメージが湧いてきました。

(船を漕いだことがあるわけではないので、あくまでイメージですが)海の中に深くオールを差し込むと、その分時間はかかるし漕ぐのに力もいるけれど、結果的に船は速く遠くまで進んでいく。

画像1


そう言えば以前、外食続きで激太りをしてしまったときにパーソナルジムに通ったのですが、そこでトレーナーさんが「このトレーニングは脂肪を燃やしたり筋肉をつけたりするためのものではなく、日常の動きの中で適切に筋肉を使えるように姿勢を整えるためのものなんです」と教えてくれました。

実際、そこでのトレーニングは週に2回で1回あたり30分。500g位のダンベルを両手に持ってスクワットをしたり、バーベルのシャフト(棒)だけを持ち上げたり、ぞうきんがけのような動きをしたりというのを数回ずつやっていき、軽く汗をかく程度。

それでも繰り返していくと身体の軸があるべき位置にセットされたという感じになっていき、数ヶ月後には激太りが解消されたのはもちろんのこと、姿勢もすっかり良くなっていました。

ジムでのトレーニングを通じて自分の深いところにある軸がととのってブレないものになり日常の中で自然と適切な運動をできている状態になったように、チームでの対話はチームとしての軸や向かう方向をととのえてブレないものにし、日々のそれぞれの取り組みが大切なものに向かうものになることを後押ししていると感じています。

大切だと分かっていてできない理由


「オールを深く差し込むような時間が大切」
「向かう方向をととのえるための対話が大切」

と頭では分かっていても、なかなか実践をすることができないのはなぜでしょうか?

そこには大きく3つの理由があるのではと思っています。

1つ目は、「進んでいるということを実感しづらい」ということ。
ジムでしっかり汗をかくと「やったぞ!」という感じがするように、話し合いをして具体的な To Do や行動計画ができると「やったぞ!」という気になります。

一方で、身体の軸をととのえているときやオールを深く差し込んでいるときというのは、何をしているのか表面上はよく分からなかったりします。(ジムでのトレーニングも30分間で「やったぞ!」という感覚はありませんでした。)

2つ目は、「記録に残しづらい」ということ。
見えないところをととのえるための動きや、自分たちにとって本当に大切なものを確認していくための対話は、一見何をやっているのか分からないこともあるため、それを記録に残すのも難しかったりします。(私もジムでのトレーニングの動きをうまく説明できません。)

3つ目は「決まった型通りに行えば上手くいくわけではない」ということ。
ジムではトレーナーさんが毎回私の姿勢を確認し、そのときそのときの私に合ったウェイトや動きを選んでくれていました。

チームでの対話も毎回、それぞれのメンバーが体験していることや感じていることをもとに、有機的に対話が深まっていきます。

これらの理由から、「結論を出すこと」や「行動計画を明確にすること」「こんな意見が出てこんな結論に至ったという記録を残すこと」「決まった型通りにやる」ということに慣れている場合、「オールを深く差し込むような時間」や「向かう方向をととのえるための対話」がとても分かりづらく扱いづらく効果が薄いものに見え、その優先度が下がってしまうのです。

大切なことほど分かりづらい


あなたは今、分かりやすい成果や結果ばかりを求めていないでしょうか?
記録できることだけが重要なことだと思い込んではいないでしょうか?
決まった型があることばかりに取り組んではいないでしょうか?

一見何が起こっているか分からないことに取り組んでいると、ときにもどかしさや心地悪さと言った感覚が生まれることもありますが、少しの間その感覚に留まってみるとこれまでとは違った景色が見えてくるかもしれません。

お知らせ

1. セッションやコースの受付について
もともと自分自身のコンディショニングや研究活動のためにセッションでご一緒する人数や時間数を限定していることもあり、現在、新たにセッションでご一緒することのできるお時間が非常に限られております。

そのため、ご希望の曜日や時間帯によってセッションやコースを開始する時期をお待ちいただく場合がございます。

セッションやコースを活用することをご検討されている方は予めお知らせいただければ空きが出たときに優先してご案内をいたします。

また、現在セッションやコースをご活用いただいている方はご希望の日時等がありましたらお早めにお知らせください。

2. 年末年始のセッションについて
2020年12月30日(水)から2021年1月3日(日)までセッションはお休みとさせていただきます。

2020年12月24日(木)から12月29日(火)はセッションを設ける時間を通常よりもさらに限定させていただきます。

ご希望の日時がありましたらお早めにお知らせください。

3. ICFの新コア・コンピテンシー勉強会について
11月中旬以降に再開催を検討しております。

ご希望のお時間帯や参加のご希望がありましたらお気軽にお知らせください。開催日時決定の参考にさせていただき、優先的にご案内をいたします。

画像4

最後まで読んでくださってありがとうございました。

こちらからはいつでもあなたからのお便りを書いていただけます。
マガジンのご感想やその日のつれづれでも構いません。


このマガジンは自由にシェアください。
あなたの大切な人にも小さな贈りものが届けられると嬉しいです。

あなたがこれからも静かな心とともに在れますように。