年積月の見えない月を見上げて

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
もともと不定期だったメールマガジン(noteのマガジン)が一瞬定期的になり、また不定期になろうとしています。

私の中の時間はどうやら変則的に伸び縮みをしているようです。

言葉にしたいこと、届けたいことも変則的。そのときそのとき浮かんでいる、一番新鮮なことを言葉にしたいと思っていますが、今は言葉にするスピードが追いついていません。

2021年はもっとゆっくり、できるだけゆっくり、今日という時間からのギフトを味わって、そっと言葉を置いていきたいなと思っています。

年積月(としつみづき:12月)の見えない月が見える頃、あなたはどんなことを感じていますか?

変容のプロセスで起こること

私はおひとりおひとりが本来持っている力(本来性)や全体性を発揮していくことにご一緒しています。

そのプロセスは「変容」と呼ばれることもありますが、私の中ではそれは、「すでに持っていた種が様々な経験という栄養を吸収し、偶然と必然と奇跡とご縁の交差する光の中で芽や根を出す営み」だと捉えています。

変容のプロセスでまず起こるのは混乱です。

それが潜在的に持っていた力であったとしても、突然に見えるような形で、もしくは徐々に発揮され、自分自身と世界との接点の質感が変わります。

そうすると自分の中に入ってくるものや、自分の外側に起こることが変わります。

そのときには恐れや不安を感じたり、ときに思ってもみないトラブルが起こったりもします。

これまで車を運転していたところが、いきなり飛行機を運転するようになったら怖いと感じるし、事故を起こしてしまうかもしれない。そんな感じです。

発揮されるものが変わり、起こることが変わり、一時的に不安定な状態になり、そこから、時間をかけて、調和が起こっていきます。

そして、新しい能力や視点でも安心安全に進むことができるようになる。

先に準備ができて、その上で変化が起こればどんなに心穏やかでいられるだろうと思うけれど、不思議と変化のプロセスでは必ず先に変化と混乱が起こり、その後に調和や統合が起こっていきます。

「これまでの自分の意識では準備ができないことが起こる」ということこそが、変容だと言えるかもしれません。

変容のプロセスで起こることにどう向き合うか

「変容」というと、何かこれまでとは質的に違うものになるプロセスのことを指し、変容の支援というとそれを後押しすることのように思われるかもしれませんが、実際のところ大切なのはそれだけではありません。

変容が起こり始めるときには自分自身や自分の内面・内的な他者との葛藤が起こり、さらにその先には他者や現実世界との葛藤や軋轢が起こります。

調和もしくは統合というのは、新しく発揮されている自己が内面世界、外面世界どちらもに折り合いをつけていくプロセスになる。

そのため、変容を遂げようとしている人がそのプロセスのどこにいて、何との間に葛藤が起きているかを見極め、適切な形でその葛藤と向き合うことを後押しするのが支援者の重要な役割となるのです。

変容そのものよりも大切なこと

「適切な形で」というのは、「できるだけゆっくり」と言い換えることもできます。

葛藤は居心地が悪く不快です。できる限り早くそこから抜け出たいと思う。しかし、葛藤が起こっているときは、自分自身の心の奥底にある願いや欲求と向き合うチャンスでもあります。

居心地の悪さとそのまま一緒にいられるあたたかい場所をともにつくり、普段はなかなか顔を出さない小さな小さな声を聴く。

そんな時間を持つことができたら、変容のプロセスが、自分の深い深いところとつながり自分との信頼関係を育むプロセスになっていく。

変容をすることそのものよりも、そのプロセスがどのような質感のものになっているか、そのプロセスが人生にどのような意味や深みをもたらすのかが大切なのではと今は思っています。


あなたは今、変容の結果手に入るものに心を奪われてはいないでしょうか?

変容の先にみえる世界に魅了されてはいないでしょうか?


もしそうだとしたら、少しだけ、スピードを緩めて、今ここで感じていること、世界が投げかけているメッセージに耳を澄ましてみてください。

あなたは、今のあなたにとって、あなたの人生にとって大切なことに気づくことができると、私は信じています。



お知らせ

①awaiのプログラムが ICF(国際コーチング連盟)のCCE(継続コーチ専門教育)に認定されました

awaiの提供する2つのプログラムがICF(International Coaching Federation:国際コーチング連盟)のCCE(Continuing Coach Education:継続コーチ専門教育)として認定されました。

画像3

CCEとして認定されたプログラムの詳細についてはこちらをご覧ください。

12月に開催しているICFのコア・コンピテンシーに関する勉強会および1月から開催する Self-Inquiry for Authentic Professionalにご参加の方のうち希望される方にはCCE参加の証明書を発行いたします。

ICFの認定を受けましたが、awai / DEEP INTEGRATION の開催する勉強会やプログラムはあくまでお一人お一人が全体性や本来性を発揮し、ご自身の専門領域や携わる領域で力を発揮していくことを後押しするものです。

コーチングスキルを学ぶ場ではないため、様々なスクールや機会でコーチングを学ばれた方、コーチングに限らず対人支援や想いを持った取り組みに携わる全ての方を歓迎します。

自分自身をさらに成長・深化させていく機会や環境としてご活用いただけると嬉しいです。

②年末セルフチューニングライブのご招待について
前回のマガジンでもご案内いたしましたが、今年セッションやコースをご活用いただいた方・来年ご一緒する予定の方々をご招待してセルフチューニングや振り返りを行うオンラインライブを開催します。

先日(12月10日)すでにご案内のメールをお送りしております。

12月30日(水)JST 22:00-22:25と JST 22:30-22:55の2つの時間帯をご用意しておりますが、今のところ早い時間帯の方に比較的たくさんの参加のご登録をいただいております。(各時間帯、内容は同じです)

私から呼吸法やリフレクションのガイドを行うためご自身にとって快適な環境で気楽にご参加いただくことができます。予定が未定の方もまずはお気軽にお好みのお時間帯にご登録ください。(どちらにもご登録いただいた上で当日ご都合のいい方にご参加いただいても大丈夫です)

今年最後にゆったりとしたあたたかな時間をご一緒できることを楽しみにしております!

③年末および1月のセッションについて
年内のセッションは12月27日(日)までですが、すでに全ての日程が埋まっております。年明けは1月4日(月)からです。

現在、ご一緒できる人数とお時間の上限に達しているため、各種コースおよびコーチングセッションのお申し込み受付を一時停止しておりますが、1月に新しい形のセッションのご案内を行う予定です。

1月の日程でセッション等ご希望の日時がありましたらお早めにお知らせください。

あたらしい年にもあなたの大切な感覚や言葉たちとご一緒できることを楽しみにしております!

画像1