半分の月を見上げて


いつも新月と満月の近くでお送りしているマガジンですが、今朝、ふと見上げた空に浮かぶ半月がなんだかとても清々しくて、今日も言葉を綴ることにしました。

半月を見上げたとき、あなたはどんなことを思うでしょうか。

「Authenticity」という感覚


私はコーチという仕事柄、様々な方と対話をし、その方の成長のプロセスにご一緒してきました。

取り組むことも話題になることも様々ですが、その方が本来持っている力や感性、可能性を発揮し、生き生きと輝いていく過程で発揮される共通の感覚があります。

それは「Authenticity(オーセンティシティ)」です。

日本語では一般的に「真実性」「本物の」と訳されますが、心理学の世界では「本来感」や「自分自身を歪めずに見つめること」「自分は自分であるという感覚」といった意味で使われています。

例えば半月を見たときに「ああ、半月だな」と思えるように、自分自身の様々な面をそのままに受け止め、解放している感覚。

そんな感覚を持つことができると、私たちの在り方や言葉は強い力を持ち、人を惹きつけていくようになります。

そうなれば、わざわざ差別化をしようとしたり、付加価値をつけようとしたり、よく見せようとしたりする必要はありません。

あなたの存在そのものが誰かの後押しになり、あなたの存在そのものを必要とする人が現れてきます。

「本来の自分」でないことは自分が一番知っている


自分を大きく見せようとしたり、何かを隠そうとしたり、いいところばかりを見せようとしたりすると、心の中には恐れが生まれます。

「いつかそうじゃない自分がバレるんじゃないか」と、いつもハラハラしながら過ごすことになるのです。

一方で、「Authenticである=本来の自分である・等身大の自分である」ということができれば、何かを恐れる必要がありません。

あなたがのびのび、生き生きとそこにいる姿は光を放ち、何より、そんな風に生きたいと願う人の希望となっていきます。


失われていく「Authenticity」


「Authenticity」は本来、誰もが持っている感覚です。

私たちは他でもない「自分自身」としてこの世に生まれ、一つしかないその命を生きているからです。

しかし、「Authenticity」は大人になっていくプロセスでだんだんと失われていきます。

優劣や成功を計る指標にさらされていくこと。
本来の自分よりも大きく、優れているように見せることを覚えていくこと。
自分ではない「何者か」になろうとすること。

そんな中で「自分は自分」ということを信じることができなくなっていくのです。


「Authenticity」を取り戻すために


では、「Authenticity」はどうしたら取り戻すことができるのでしょうか。

大きく3つの取り組みを組み合わせることで実現することができます。

①ギフトとして与えられた才能や感性、体験に気づくこと
②自分の中に流れる物語と自分を包む大きな物語に気づくこと
③自分の中にある可能性に気づき、解放すること

それぞれの項目の詳細はまた別の機会にご紹介できればと思いますが、自分の内なるものに向き合いながら現実世界で行動をし、様々な自分を統合していくことで、私たちは「Authenticity」を取り戻し、真の自分を生きることができるようになります。

これは同時に、唯一無二の存在を生きることやユニークなプロフェッショナルとして生きることでもあります。


あなたは自分自身の独自の感性に気づいていますか?
あなたは自分の中にある可能性に気づいていますか?
あなた自身から溢れ出る美しさに気づいていますか?

あなたは自分の中にある光と影をどちらもそのままに抱きしめていますか?


Authenticに生きることは、与えられた命を輝かせて生きること。
誰かが命を輝かせることを後押しすること。

まずは自分自身の中にある感覚や可能性、言葉や言葉にならないものたちに、耳を澄ましてみませんか?

12月・1月以降の勉強会のご案内


11月1日発行のマガジンでご案内した講座のうち「漫画『鬼滅の刃』に学ぶ、意識の発達や能力の発揮のメカニズム」と「ユニークなプロフェッショナルになるための学びと実践のデザイン」は満席となりました。

ICF新コア・コンピテンシー勉強会<概要編>はまだお申し込みを受け付けております▼

画像1


また、1月から、独自性を発揮したプロフェッショナルになっていきたい方に向けた少人数制コース【Self-Inquiry for Authentic Professional】を開催予定です。

画像2

▼日時(予定)
・2021年1月以降第1・第3土曜 JST 20:00-22:00 or 21:00-23:00
・2021年1月以降第1・第3土曜 JST 16:00-18:00 or 17:00-19:00
・2021年1月以降第1・第3木曜 JST 20:00-22:00 or 21:00-23:00
のうちいずれかもしくは複数を予定

*1月のみ、第2・第4の週に実施見込み

▼概要(予定)
・2021年1月から3月 -Foundation:自分を知る・深める
・2021年5月から7月 -Expantion:意識の拡張・深化
・2021年9月から11月 -Integration:スピリットの成長・全体の統合

-Foundation
・1月:シャドウが生まれるメカニズムと向き合い方
・2月:私たちが一体となっている様々なレンズ
・3月:私たちの生きる物語

*各月2回ずつ、3ヶ月間計6回のコースとなります。
*各月毎の参加も可能です。
*4月・8月・12月はアートや身体を使った取り組み等を計画しております。
*内容は変更となる可能性があります。

▼こんな方に
・ご自身の専門領域で守破離の「破」もしくは「離」に取り組んでいきたい方
・コーチやトレーナー、コンサルタント、経営者、人に深く関わるお仕事など、自分自身の在り方が相手に大きな影響を与える方

▼特徴
・対話を通じて深い学びと実践に取り組むために少人数制となっております
・自然のリズムに合わせて季節ごとにプログラム内容を構成しております
・これまで1対1のコーチングを通して探究および実践をしてきたプロフェッショナルとしての成長および「真の自分」を生きるために必要なエッセンスを盛り込んだ内容となっております

▼お申し込み方法
・12月上旬以降にお申し込み受け付け開始予定
・先着順もしくは事前課題を提出いただき選考を行う可能性があります
・現在ご利用いただいているセッションやコースからの変更および組み合わせも可能です

*ご関心がありましたら引き続きマガジンをご購読いただくか、セッション等にてお知らせください。
*Coaching for Self-Inquiry(60分/120分)をご活用いただいている場合、セッション内で同様の取り組みを行なっていくことも可能です。

【DEEP INTEGRATION by awai の勉強会の特徴】
お一人お一人が持っている力や可能性・独自性を発揮していくために、「持論化・拡張・実践・統合」をテーマとしております。

正しい答えを手に入れてその通りのことを行なっていくのではなく、それぞれのご経験や価値観に基づいて自分なりの考えを作っていくこと、違った経験や価値観を持つ人たちとの対話からさらに視点を広げること、日常の中で実践をすることを通じてお一人お一人のペースに合った成長や前進が起こることを大切にしています。

学びのプロセスに実践を組み込むとともに、内省や言語化等を後押ししていきます。

お知らせ


1. セッションやコースの受付について

お一人お一人と深く向き合うために自分自身のコンディショニングや研究活動にも取り組んでいるため、現在、新たにセッションでご一緒することのできるお時間が非常に限られており、コースの新規受付は停止をさせていただいております。(通常セッションについてもご希望の曜日や時間帯によっては開始時期をお待ちいただく場合がございます。)

1月もしくは2月に若干名の募集を行う可能性がございます。
宇宙タイミングにてご一緒できることを楽しみにしております。

2. 年末年始のセッションについて
2020年12月30日(水)から2021年1月3日(日)までセッションはお休みとさせていただきます。
2020年12月24日(木)から12月29日(火)はセッションを設ける時間を通常よりもさらに限定させていただきます。

ご希望の日時がありましたらお早めにお知らせください。

画像4


最後まで読んでくださってありがとうございました。

こちらからはいつでもあなたからのお便りを書いていただけます。
マガジンのご感想やその日のつれづれでも構いません。


このマガジンは自由にシェアください。
あなたの大切な人にも小さな贈りものが届けられると嬉しいです。

よろしければ今後最新のものをすぐにお届けできるようnoteをフォローいただくか、マガジンをご購読(登録)ください。

あなたがこれからも静かな心とともに在れますように。