わたしたちは普段、感じたことを言葉にしないままにしていることも多くあります。

そうすると、だんだんと心や身体の感覚が鈍感になっていきます。

それが積もり積もると病気になることも…。

というわけで今日は、私が普段自分自身とつながるために活用しているリフレクションジャーナルをご紹介します。

<こんな人におすすめ>
・本来持っている力をもっと発揮したい
・意識の枠組みそのものを成長させていきたい
・他者へより良い影響力を発揮していきたい
・内省能力を高めたい

1. リフレクションジャーナルとは

私の書いているものはいわゆる日記に近いです。
いわゆる、と言ってもイメージするものは人それぞれでしょうから、「夏休みの絵日記」を想像してもらうといいかもしれません。

「その日起こったこととそれに対する感想」というのが日記の主な内容です。

書いているリフレクションジャーナルと日記との共通点と違いを挙げるとすると…

<日記との共通点>
・その日起きたことを書く(こともある)
・目に映ったことを書く(こともある)
・感じたこと、考察したことを書く

<日記との違い>
・一日に何度か書く(こともある)
・書いたものを、少し時間をあけて読み直し、時には修正する
・書いたものを読んで、それがどんな視点で書かれたかを考察する

日記との一番大きな違いは最後の項目です。ただ単に、今日のことを書くのではなく、「書いた自分」を後から客観的に振り返るということをしています。

2. リフレクションジャーナルの目的

私は現在、リフレクションジャーナルを「ものごとの捉え方自体を成長させていくため」に活用しています。

<リフレクションジャーナルの活用によって成長・深化するもの>

・Cognition(認知):ものごとや自分自身に意味や価値を付与するプロセス
・Reflection(内省):ものごとや自分自身を客体化するプロセス
・Generation(生成):ものごとや自分自身をあらたに生み出すプロセス
・Sense(感知):自分自身の中に起こる微細な感覚を捉え受け止めるプロセス
・Holon(全体):全体を統合し、相互に与え合う影響を進化させるプロセス

なんだか仰々しいですが、考えていること・感じていることを言葉にしていくと自然と「わたしはこんなことにこだわっているのだなあ」とか「こんなときに感情が出てくるんだな」ということが分かってきます。

「内省」や「振り返りの時間を持つこと」の重要性については近年、人材育成やリーダーシップ開発の領域でも取り上げらえるようになっていますが、どちらかというとPDCAの進化系(あくまで具体的な行動プランを作り業務改善をしていくことが目的)のものも多いように思います。

しかし、自分が行なったことや考えたことばかりに目を向けていても、こころやからだとのつながりは強くはなりません。思考ばかりが働いて、こころとからだとあたまがバラバラになってしまう場合もあります。

本来持っている力を発揮するためや「物事の捉え方」を成長させていくためには、「心と身体にしっかりとつながり現在の捉え方で世界を存分に味わう」ということが必要です。背伸びせず、感じるままに、ただただ味わい尽くす。もちろんそれは日々の暮らしや仕事、他者との関わりの中でも行なっているといいですが、実社会ではそうも言ってはいられないこともあります。

だからこそ、リフレクションジャーナルを通じて、今感じていることをしっかり味わうことが必要なのです。

「今見ている世界を存分に味わう」そして「自分がどんな風に世界を見ているかを客観的に考察する」のが、リフレクションジャーナルの目的であり特徴とも言えます。

3. 実際の書き方

次に実際のリフレクションジャーナルを運用方法と続けるコツを紹介します。

<運用方法>
①まずはwordやpagesなどのオフラインのツールで書く
②1日から2日寝かせて読み直し、誤字脱字や表現でしっくりこないところを修正する
③webサイトに公開する(こちらのawaiのサイトで公開しています)
④で溜まっていったものを少し時間が経ってから読み直し、表現しなおしたいことがあれば修正する
*私はその後、4)を20項目ずつまとめたものをPDFでも公開しています

すぐに公開するのではなく、寝かせる時間をつくることで、自然と「書いている自分」を客観的に見る機会ができます。書くときは書くことに没頭し、後から没頭していた自分を眺める感じです。そしてさらに時間をあけて読み返すことで、自分自身の視点や考え方が変化していったことや、その中で変わらない想いがあることを確認することができます。

4. リフレクションジャーナルを続けるコツ

リフレクションジャーナルは定点観測のようなものなので続けてこそ意味があります。とは言え私も、今でも特に旅先では1日が終わる頃にはエネルギーも時間も使い果たしてリフレクションジャーナルを書けないことも。試行錯誤中ですが、なんとなく分かってきたのは

<続けるコツ>
①書きやすい時間帯を見つける
②書く場所と、書き始めの流れの型をつくる
③仲間をつくる

①書きやすい時間帯を見つける
私の場合は、基本的には朝、簡単なヨガのポーズをして白湯を飲み、1日の仕事を始める前にまず書くようにしています。そして夜は夕食の後、それに加えて夕方にも書くこともあります。

夜は朝よりも落ち着いて書くことができるけれど、一日の過ごし方によっては書くエネルギーがあまり残っていないこともあります。できれば寝る前はパソコンを使うのをやめてゆっくりしたいので、そうすると必然的に夕食の後ということになります。

「そもそも手書きなら寝る前にベッドの中でも書きやすいのでは?」とも考えられますが、手書きの場合、浮かんできたことをそのまま書くほどのスピードでは書くことができず、同時にその場である程度の推敲が起こるので、書かれたものはかなり無駄なくそぎ落とされたものになってしまいます。

私も当初、「手書きの方がどこでも手軽に書けるのでは?」と思ったのですが、パソコンを使って書いていなければここまで色々なことを書くことを続けられなかっただろうと思います。

個人的には朝は心も空気も澄んでいる感じがしておすすめですが、「朝いきなり何を書く?」という疑問が浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。

②書く場所と、書き始めの流れの型をつくる
私の場合は、朝に限らず日記を書くときはまずは書斎の机の前に座り、窓から中庭を眺めます。中庭で猫が散歩をしていたらしばらくその姿をぼーっと見ていることもあります。中庭に響く鳥の声を聞き、植物を見ていると、昨日の出来事や、考えてもいなかったことが、泡のようにふわっと浮かんできます。

見ていること、聞いていること、感じていること。そのどれかからなんとなく書きはじめると、自分が「こんなこと考えてたんだ」と思うことを書いていることもよくあります。

もしくは日中、「これを書こう」と思うこともあります。

いつも見える景色が同じなら、いつも同じように書き始めてもいいかもしれません。何を考えているか・感じているか・書きたいかなんて、書いてみないとわからないので、とにかく、簡単なことから書き始めてみることがおすすめです。

③仲間をつくる
そして同じようにリフレクションジャーナルを書いている仲間がいると続けやすいです。

ゆるやかになんとなく他者の見ている世界を感じるというのは、自分とは違う視点で世界を見る興味深く面白い体験です。書けない日があっても人が書いたものを読むと、自分もまたゆらゆらと感覚を言葉にしてみようという気になったりもしたりして。

それぞれがそれぞれの音を奏でていることを遠くに聞くような、馴れ合いではない、凛とした関係の仲間がいれば、リフレクションジャーナルをつけるという取り組みは、より清々しく奥深いものになっていくでしょう。