人には

十分なサンプル数がなくても「みんな」「いつも」と認識し、それを信じ続けてしまう

というバイアスがあります。

では、たとえばある人が怒っている場面を何回くらい見たら、

「あの人はいつも怒っている」という印象になると思いますか?

小さい頃、「みんな持っている」と言ったら母に、「みんなって誰?」と聞かれていました。

「ええっと、○○ちゃんと、○○ちゃんと…」

「みんなじゃないでしょ!」

なんてご経験がある方も多いかもしれません。

わたしたちは

同じものを持っている人が3人いたら、無意識に「みんな持っている」と思うのです。

同じ人が3回怒っている場面を見たら、無意識に「あの人はいつも怒っている」と思うのです。

ちなみに、ブラジルのアマゾン奥地に住むピダハン族は、数を数えるとき、3以上は「たくさん」を意味するのにあたる言葉を使うそうです。

人は「3」を超えると、「たくさん」って思うんですね。

「みんな」は本当にみんななのか。

「いつも」は本当にいつもなのか。

一度疑ってみると、それまでとは違うものが見えてくるかもしれません。