緊急セッションについて

コーチングは緊急性の高いことには適していないと言われています。しかし、突発的に起こった出来事に急いで対処しないといけない状況において、コーチと話し感情や思考を整理して自分自身の状態を整えることは、より良い判断をすることにつながると考えています。また、もやもやした状態を抱え続けることはストレスを抱え、思考力や身体の状態を低下させることにつながります。「今これについてコーチと話したい」「少しでも早く気持ちの整理をしたい」という場面でコーチングを効果的に活用いただけるよう、緊急セッションを提供しております。緊急セッションでは特に「心に寄り添って聴く」ということを重視しております。

ご利用条件

・1ヶ月に1回以上の定期的なセッションをご利用いただいている方(緊急セッションのご利用は3ヶ月に1回まで)
それ以上の頻度で緊急セッションが必要な状況が発生する場合は、何か根本的に解決する必要がある問題を抱えている可能性がありますので、通常セッションにて扱わせていただきます。

・今までに1回もセッションを受けたことがない方(緊急セッションの利用は1回のみ)
「コーチと話をして今の気持ちや思考を整理したい」という方に、1回のみのセッションを提供いたします。ただし、限られたお時間の中ではコーチングの効果が「現状を整理する」「気持ちを落ち着ける」「自信を取り戻す」といった、一時的な対処に留まる可能性があります。その状況が起こる、本質的な原因に目を向け、変化を起こしていくためには、体験セッション+通常セッションを受けられることをおすすめします。

緊急セッションを提供する想い

友人が海外に赴任し8ヶ月ほど経った頃、用がありふと電話をしました。「普段、現地で新しく支給された電話を使っているから、こっちの電話はもう使っていなかったんだけど、ふと見たら電話がかかってきてびっくりしたよ」そう言って、電話に出た友人と用件だけを話し電話を切った1週間後、彼が現地で脳卒中で亡くなったという知らせが届きました。「1週間前に話したばかりだったのに」「あのときの声は元気がなかったかもしれない」「あのときに何かもっと話をしていれば」色々な思いが頭をめぐり続けていました。
コーチングは、カウンセリングではないため心身疾病を治すための支援をすることはできません。また、身体の不調を治すこともできません。しかし、自分自身の気持ちや思考を整理し、心を整え、自分自身の状態に気づくことを支援することはできます。自分自身の状態に気づくことができれば、然るべき専門家の方に相談をする・心身を休める時間を取るなど、適切な対処ができるようになります。また、予想外のことが起こり混乱しているときにも、心を整えれば、より良い思考・判断をすることができます。大事なプレゼンや決断の前に、自分で考えて答えは出ているけれども、それを口にして確かめたい、誰かに後押しをしてほしいということもあるかもしれません。コーチとして、クライアントが本当に必要としているときに伴走を続けたい、一人の人間として大変な状況にある人に少しでも寄り添いたい。そんな想いから、限られた時間ではありますが、緊急セッションを無料で提供しています。

ご利用可能時間

JST 20:00-4:00 (GMT 11:00-19:00) の間 (定期セッションをご利用の方はこの限りではありません)
ただし、ご連絡をいただいてから24時間以内に双方の都合が合う場合のみとさせていただきます。
お時間は15分から最大30分とさせていただきます。

ご利用方法

Skype にて sou.cls までコンタクトし、緊急セッションをご希望である旨をお知らせください。
その際、ご利用希望の理由とご希望の時間帯(即時or24時間以内のご都合)等記載いただくとその後のやりとりがスムーズです。定期セッションをされていない方も個人情報をご記入いただく必要はありませんが、内容が分からない場合等はお断りをさせていただきます。「コーチングを体験したい」など、今この瞬間にコーチングを必要としているのではない場合は、通常通り体験セッションのお申し込みをお願いいたします。

15分以内に返信がない場合は即時の対応不可です。追って24時間以内の対応可能時間をご連絡します。
3時間以内に返信がない場合は、24時間以内の対応不可が難しいとご判断ください。改めて、通常セッションをお申し込みいただければ出来るだけ早めの日程にて対応いたします。