Coach Transition Course

コーチ自身が本来の力を発揮するために


クライアントが本来持っている力を発揮することを後押しするために重要なのはコーチ自身が自分の本来性や全体性を発揮していることです。
awai のCoach Transition Courseでは、あなたが本来持っている力を発揮して自分らしいコーチングや在り方を実践していくことに取り組みます。

こんな方に


🌟
こんなタイミングをお迎えの方に ・コーチングスクールや独学でコーチングの型や基本について学んだが、さらにここから自分らしいセッションやサービスのスタイルをつくりたいと思っている ・型を超えて、もっとのびのびと感性や力を発揮していきたいと感じる ・型通りのコーチングはできるようになったがどこか物足りなさを感じる ・自分の中で発揮されたがっているものがあるように感じる ・これまで作ってきたスタイルを超えてさらにコーチングを進化させたい ・登録しているプラットフォームを通じて出会うクライアントと自分の得意・専門領域が一致しなくなってきている
 
💡
特にこんな想いの方とご一緒しています ・プロのコーチとしてさらに自分の感性や可能性を発揮していきたい ・コーチングの型やフローを超えて、クライアントの力の発揮に貢献していきたい ・クライアントと自分のいのちが響き合うようなセッションがしたい ・プロフェッショナルとして「器」を成長させていきたい ・コーチとして「コーチングマインド」を体現し続けたい ・コーチとしての成長・開発テーマを見つけ、伸ばしていきたい ・コーチとしての強みやユニークさを確認し、伸ばしていきたい ・国際基準に則った品質かつ自分らしいコーチングを実践していきたい
 
💡
こんな状況の方にもご活用いただいています ・ICFの資格取得をポートフォリオパスで目指している ・自分がコーチングを教える立場になってきた ・自分自身も今後メンターコーチとしてセッションを提供していきたい ・現在プラットフォームに登録しているがゆくゆくは直接クライアントにセッションを提供していきたい
 
本コースはICF(国際コーチング連盟)の資格申請に必要なメンターコーチングおよびCCE(継続コーチ認定教育)の一部として認められているメンターコーチングとして活用いただくことができます。

コーチとしての変容の大きな二つのタイミング

①コーチとして守から破のステージに進もうとしている
💡
目安 ・コーチングスクールもしくはそれに準じる場所でコーチングの基礎を学び実践している ・50時間から100時間以上のセッションを提供している ・有償で6回以上、プロコーチのセッションを継続して受けている
 
②コーチとして破から離のステージに進もうとしている
💡
目安 ・コーチングスクールもしくはそれに準じる場所でコーチングの基礎を学び実践している ・700時間から1,500時間以上のセッションを提供している(うち9割以上は有償が望ましい) ・有償で12回以上、プロコーチのセッションを継続して受けている(ただし、ご自身のコーチングが単発セッションを前提としたスタイルの場合、単発のセッションでも可)
 
コーチとしての成長のステージについてはこちらの記事でもご紹介しています▼
 
・専業・兼業を問わず、プロとして自己成長に向き合っていきたい方にご一緒します。 ・コーチングを始めて間もない頃に感じる不安やぶつかる壁の多くは、自分がコーチをつけることで解消されます。コーチとしてのご経験が浅い方はまずはご自身が十分にクライアントとしてコーチングを活用することをおすすめします。 ・自分の内面を深く味わいながらコーチとしての成長に向き合いたい方はLife Transition Couraseと併用いただくことも可能です。 Life Transition Couraseについてのご案内はこちら
Life Transition Course2022/11/26 8:372023/1/30 9:43

Coach Transition Courseの内容


 
①Orientation:オリエンテーション まずは現在感じていらっしゃることをお聞かせください。 現在起こっていることや感じていることを一緒に紐解いていきます。 Coach Transition Courseの活用に適したタイミングかどうかを確認します。
②Take-off Session:出航・出発 1回目 コーチとしての変容のプロセスから人生の学びを手にし、いのちの力をさらに発揮していくことに向けて、これまでのあゆみと現在地を確認し、今後の取り組みを一緒にデザインします。
③Transition/Mentoring Session:コーチとしての変容に向けた探索やメンタリング 2回目から5回目 自分自身や現在起こっていることについて対話を通じて深めていきます。 現在の状況に合わせた実践ワークのご紹介・実践を行います。
④Coaching Plactice:ご自身のコーチングセッションでの実践 各セッションの間 セッションの気づきを自身のクライアントとのセッションや日常の中で実践し、ご自身が持っている感性や存在の力をさらに発揮していきます。 ⑤Integrate Session:帰港・祝福 6回目 これまでの旅路を振り返り、あゆんできた道のりやそのプロセスで体験したこと、見てきた景色を確認していきます。今後に向けてあらたなスタートを切ります。
 

コースを通じて高めること

Uniqueness× International Standards コーチが自分自身の個性や感性を発揮することとICF(国際コーチング連盟)の基準を満たした高品質かつ安全なコーチングを行うことのいずれをも後押しします。
Ability× Presence コーチとしての力と在り方、そのどちらもが自分らしく存分に発揮されることを後押しします。
 

セッションのスタイル

Coach Transition Courseの各セッションは Coaching / Co-Inquiry / Mentoring の3つの要素が土台となっています。
 

Transition/Mentoring Sessionの活用バリエーション

・Transition/Mentoring Sessionは以下のように活用することができます。 ・取り組みは複数組み合わせて実践することもできます。
ICF資格申請に必要なメンターコーチングの時間数として換算できるもの
資格申請に必要なメンターコーチングの時間数としては換算できないものの、必要に応じてお受けできるもの

Transition/Mentoring Sessionの時間の使い方

セッションの最初にお時間の使い方のご希望をお伺いします。ご希望がありましたらお気軽にお知らせください。
ICFの資格取得を目指される方にはTransition/Mentoring Sessionを録音のフィードバックセッションとして活用することをおすすめしています。 またPCCの取得もしくはPCCレベルへの成長を目指す方にはログを使ったアセッシングの実践をおすすめします。各取り組みに必要なツール等もご紹介いたします。
💡
120分のTransition/Mentoring Sessionで録音のフィードバックを行う場合の例 00:00 振り返り・実践からの気づきや学びをもとにした探究     最新の開発テーマを掘り下げる 00:20 フィードバックポイントの確認 00:30 録音を一緒に聴く 01:00 録音からの気づきや学びの探究 01:10 フィードバックポイント 01:40 アプローチに関するディスカッション 01:50 実践テーマとアクションの明確化 02:00 次回の予定を決めて終了

録音のフィードバックセッションに関するご案内

・録音フィードバックセッションでは、実際のセッションの録音を一緒に聞き、その場でフィードバックを行います。 ・フィードバックは、ICFの定めるコア・コンピテンシーをもとにしたPCCマーカーに沿った観点と、ご自身が目指すコーチングのスタイルやお持ちの特徴や強みを活かすという2つの観点から行います。 ・セッションに対するフィードバックだけでなく、具体的にどのようなアプローチの選択肢があるかなどについてもしっかりと一緒に深めていきます。 ・フィードバックセッションの一部をICFのコア・コンピテンシーや倫理規定に関するディスカッションセッションに変更することも可能です。 ・フィードバックセッションで使用するご自身のセッションは、クライアント許可を取った上で録音ください。

ICFの資格申請・更新に関連するご案内

・ICFの資格申請のためには10時間以上(3ヶ月以上)のメンターコーチングが必要です。 ・ACC資格更新のために必要な40時間のCCEのうち、10時間以上(3ヶ月以上)のメンターコーチングが必要です。 ・PCC・MCC資格更新のために必要とされる40時間のCCEのうち10時間まで、メンターコーチングおよびスーパービジョンをカウントすることができます。 ・ICFの資格申請・更新を計画されている方は申請希望時期等についてお早めにお知らせください。

料金


Coach Transition Courseに含まれるもの ①Orientation:60分 ②Take-off Session:90分 ③Transition/Mentoring Session:120分×5回 ④Coaching Plactice:セッションや日常の中で実践できるワークを毎回のセッションにてご提案 ⑤Integrate Session:60分
合計 200,000円 ・Transition/Mentoring Sessionで録音のフィードバックを実施した場合、合計750分のうち600分をICFの資格申請・更新に必要なメンターコーチング実践時間数としてカウントすることができます。 ・録音のフィードバックを活用する場合、セッションでの学びを十分に実践・活用するために、セッションは1ヶ月から6週間に1回を推奨しています。 ・コースの実践期間は8ヶ月間を想定しています。ご事情がありワークやセッションの実施が難しい場合、スケジュールや実践内容について見直しを行います。

料金に含まれるもの

・(録音フィードバックセッションの場合)フィードバックシート ・awai Laguna | Spaceへのご参加(ご希望の方・テイクオフセッションに近い新月から8ヶ月間) ・awai Lagunaの取り組みのアーカイブやライブラリーの閲覧 ・現在のステージやご関心に合わせた取り組みやワークのご提案 ・現在のステージやご関心に合わせた書籍や参考資料のご紹介

単発メンタリングセッション

コーチとしての現在地の確認やさらなる力の発揮を目指す方に向けて単発のメンタリングセッションもご用意しております。
💡
特にこんな方に ・コーチとしての強みやユニークさを確認したい方 ・コーチとしての現在地を確認し、成長・開発テーマを見つけていきたい方 ・コーチングのバージョンアップに集中的に取り組んでいきたい方 ・様々なコーチのフィードバックを受けたい方
 
💡
含まれるもの ・メンタリングセッション120分×1回 ・事前アンケートの送付、読み込み ・フィードバックシート
セッション時間:120分 セッション料金:35,000円 ・録音のフィードバックを行った場合、うち90分がICF資格申請・更新に必要なメンターコーチングとして換算できます。
単発のメンタリングセッションをご希望の場合、こちらのフォームよりご希望の日程をお知らせください。

お支払い方法

・7回払いを基本としますが、開始時の一括払いもしくは2回、3回払いも可能です。 ・お支払いはPayPalもしくは銀行振込にて承ります。

その他ご案内

・セッションとセッションの間のメールサーポート等は行なっておりません。 ・基本的には個人の希望と責任と費用負担において変容の旅路に向き合うことを推奨しております。 ・法人での費用負担については基本的には代表および役員の方のみ承っています。その他の状況については詳細をお伺いした上でご提案をさせていただきます。 ・メンターコーチとしてのスキルアップ・パフォーマンスアップを目的としたメンターコーチトレーニングについては2023年中旬より開催を検討しております。 ・海外からの役務提供のため不課税となります。

継続・単発セッションについて

・コースを終了されて以降、ご希望の方はさらに継続して、もしくは単発でメンタリングセッションもしくはトランジションセッションをご活用いただけます。
継続・単発の場合は料金は以下の通りです。 ・60分:18,000円 ・90分:25,000円 ・120分:30,000円
 
💡
料金のお支払いに不安を感じる方へ 「いのちを生きる」ことに向けて、経済的な不安のない状態になることが大切です。自分との関係を健やかにすることを通じて、経済の循環を健やかにすることに取り組むプログラム「Base」を準備中です。まずはそちらの活用をご検討ください。 「Base」の詳細はメールマガジン等にてご案内します。
 

お申込み


・コースの活用を検討されている方向けにオリエンテーションをご用意しております。 ・共通のご案内をご確認の上、まずはオリエンテーションをお申し込みください
共通のご案内・オリエンテーションのお申し込みはこちら
General Guidance2022/11/26 13:012023/1/30 9:31