422. 無彩色の世界に色を見る

空の色、雲の色。ほのかに塗られる色がこんなにも美しいと感じるのは、その少し前の、色が見えなかった時間を過ごしているからだろうか。「明るくなる」というのはただ明るさが変わるというだけでなく、それによって生まれるものがあるのだということを実感する。

昨日、awaiのウェブサイトの変更を行った。一番大きな変化は無彩色にしたことだ。まだ一部は色を使っているところもあるが、今日も調整を進め、モノクロの世界にしていきたい。なぜそうしようと思ったのだったろうか。「あわい」の世界観を、もっとしなやかに強く表現していきたいと、ずっと思ってきたのだと思う。優しく穏やかで、心休まる時間。それは私が世界に届けていきたいことの一つだがそれだけではない。どんなに厳しく、険しく、心穏やかでない時間の中でも、自ら平静をつくり出せるということも伝えていきたい。色があるところに色を見るのは、簡単にできることかもしれない。色のないところに色を見出すことこそが、人間のたくましさであり、美しさなのではないか。心の風景にどんな色がつくかは、そのときどき、人それぞれだ。それを自分自身でも、規定も固定もせず、他者に対しても想像の余白を残す。それが、色を消すということだった。色を消すと言っても、色がなくなったわけではない。もともと色がついていたのだ。普段、目の前に見える世界の色に気づいていなかったならば、モノクロの写真はモノクロにしか見えないかもしれない。しかし普段、目の前にある世界の色を感じていたなら、モノクロの写真にも色のついた世界を見ることができるだろう。モノクロを見ることは、強烈に色を見ることでもある。

そういえば、先日まで日本に滞在していた友人が展覧会に足を運んだという画家の小松美羽さんは、今は爆発するような色の世界を表現しているが、当初は色を使わずに表現していたという。

世界は、色にも言葉にも溢れている。その中で、敢えて、無彩色の世界、無音の世界を感じることで、様々な音色が入り混じった世界の中で、真にエネルギーを持つ音色に気づくことができるのではないか。

これまで表現してきた色のついたものをしまっていくのは少し惜しい気もする。しかしそれは、全くなくなるわけではなく、既に栄養となって、足元の土に染み込んでいる。大切にしていることは、サイトの中だけでなく、言葉や表現の一つ一つにも染み込んでいるはずだ。

向かいの家の屋根の、かつては煙突として使われていたであろう排気口から、蒸気を含んだ煙が立ち上った。今日も世界には鮮やかに色が塗られていく。2019.10.24 Thu 8:06 Den Haag

423. 隙間植物

数日前から、隙間植物採集を始めた。

採集と言っても、隙間に生えている植物を写真に収めるだけなのだが。

 

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

見返してみると、5年前くらいから私は散歩に出るたび小さな隙間に生える植物の写真を撮っていた。

ちょうど会社員を辞めた頃だ。

道に生えている植物に目がいくほどに、心と時間に余裕ができたのかもしれない。

そして、コンクリートの割れ目から伸びる植物に、組織を離れて生きようとする自分の姿を重ねていたのかもしれない。

「草ちゃんはよく、隙間植物の写真を送ってきていたよねえ」と日本にいるパートナーは電話越しに笑った。

極度の寒がりの私にとって、最高気温が10度を下回ることの多い現在のオランダは、もう秋ではなく冬の始まりで、それに、雨もよく降るものだからここのところ近くのスーパーに買い物に行くのさえかなり億劫だった。

それが「隙間植物採集をする」と思うと、外出が楽しくなった。

日本よりも「隙間」がたくさんあるせいか、道端は隙間植物だらけでなかなかスーパーに辿り着かない。

人の家の玄関先の階段の隙間に生える植物を見つけて、しゃがみ込み写真を撮っていたら、通りかかったおばちゃんが「何があるの?」と不思議そうに訪ねてきた。

「隙間にある小さな植物を探しているんです」と言うと、彼女は笑って「ハッピーハンティング!」という言葉を残していった。

そんな風に、自分の興味があるものに自分で近づいて行き機嫌良く言葉を交わすオランダの人たちが大好きだ。

スーパーに着く頃には、何をしにスーパーに来たのかもはや分からなくなっていた。最初から特に買うものなどなかったのかもしれない。

そうだ、と、昨晩、キッチンで小さなネズミを見かけたことを思い出した。
ガサゴソと音がするなあと思って音のしているラックをクイックルワイパーをつけるような掃除用の棒でつつくと、ピンポン球くらいの大きさのネズミが洗濯機置き場の方に逃げ込んで行った。

見ると、ラックの中に置いていた、日本から持ってきた蕎麦の袋がところどころ破れていた。どうやらここにネズミは時折、蕎麦をかじりに来ていたようだ。すでにかじられているのだし、そのままネズミにあげてもいいかとも思ったが、衛生面を考えるとキッチンにネズミが出てこない方がいいだろう。

これまでに我が家で一度だけ、夜中に書斎に入っていくネズミの姿を見たことがあった。姿を見たのは一度だけだったが、お客さんが来て、寝室を貸し、自分は書斎の机の上に据え付けられたベッドに寝たときに、ガサゴソと屋根裏を走り回っている何かがいる音を聞いたことは何度かあった。

古い家なのでネズミがいることは仕方ない。
せめて、キッチンの食べ物には手をつけないで欲しい。

ネズミ取りのようなものを使った方がいいのだろうか。
しかし、別に、殺したいわけではない。
生け捕りにして外に逃すのであれば、またきっとすぐに家の中に戻ってくるだろう。

そんなことを考えながらオーガニックスーパーの奥の洗剤などが置いてあるコーナーに向かった。

いつも行くスーパーで、スタッフのほとんどは挨拶を交わしたことがあるが、今日ははじめて見るスタッフがいた。

「ネズミを捕まえるか殺すことができるものはないですか」と聞くと、「分からないから、他のスタッフに聞いてみるね」とすぐに他のスタッフを連れてきてくれた。他のスタッフがパソコンで調べてくれたものの、やはりここにはネズミ対策になるようなものはないということだった。

「オランダにはネズミがたくさんいるよね」

「殺さなくてもいいのだけど、見ないでいられるといいなと思っています。オランダの人はネズミがいても気にしないのですか」

「僕もネズミがいるのは嫌だよ。ガーデニングショップになら、何かあるかもしれない」

そんな会話を交わし、「グッドラック」という言葉をもらって店を出た。

あれ、何をしにスーパーまで来たんだっけ。

そうだ、スーパーに行く途中に隙間植物を見つけようと思ったんだった。

それで、道端でおばちゃんに「ハッピーハンティング!」をもらい

スーパーでお兄さんに「グッドラック」をもらった。

帰ってきてしばらくして晴れ間が見えてきた。

そういえば私が外に出たときは今にも雨が降り出しそうな曇り空だった。
それでも心はどんどんと晴れていく。そんな昼下がりだった。

2019.10.24 Thu 13:54 Den Haag