今日は東の空が霞みがかったように白っぽく、西の薄青い空へとグラデーションをつくっている。太陽が昇る場所はさらに東に寄るとともに、今日の光はいつにも増して眩しい。今朝は随分と長いこと夢を見ていたように思う。たくさんの人が出てくる、賑やかな夢だった。目覚ましの音で目を覚まし、耳を澄ますと遠くで鳥の声が聞こえた。シャワーを浴び、着替えをし、少しだけヨガをしても、心の奥にまだふわふわとしたものがある。その感覚が伝えているものを感じてみようと目を閉じる。

心臓の向こう側に、駄々っ子が丸まっているようだ。もっと遊びたいと言っている。遊びたいとはどういうことだろう。もっと自然を感じて身体を動かしたいということのように思う。昨日、スーパーに買い物に行くともう、コートがいらないほど(半袖で自転車に乗っている人がいるほどの)あたたかさだった。冬の間縮こまっていた身体がのびのびと動きたいと言っているのだ。注文したヨガマットが来たら、それを持って海に行き、ゆっくりとヨガをしたいと思っていたがまだ来ていない。今週末には間に合わないだろうけれど、どうなっているのか発送の予定だけでも今日聞いてみよう。明日明後日もこのあたりは概ね天気がいいようだ。海か、隣町のLeidenもしくはDelftまで行ってみるのもいいかもしれない。土日を使って、どこかもう少し遠くの街まで行ってみるのもいい。

隣の保育所の庭の小屋の扉が開いており、足の先の白い黒猫が小屋の中に入っていった。猫はこのあとまたあの扉から出てくるのだろうか、それとも別の隙間から出て行くのだろうか。見届けたいところではあるが、身体の中でやりたいことが動き出している。まずは髪を乾かし、家の中を整え、それからまた今日一日、そして明日のことを考えてみることにする。2019.4.19 8:29 Den Haag